トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

ただ曲:VSTplugin

ただで曲を作ってみるテスト>VSTplugin

以下は、SynthEditを使って書いた過去の文書です。更新はもうしませんので、、ご参考までに。。。

VSTpluginとは、Steinberg社が提唱しているプラグインで、大きく分けて、エフェクト(VSTプラグイン)と、ソフトシンセ(VSTインストロメント)のためのプラグインです。仕様が公開されているため、フリーでもたくさんのエフェクトやソフトシンセが作られていて公開されています。

詳しくはこちらでも。。。
http://allabout.co.jp/entertainment/dtm/closeup/CU20030222/

で、今回はただで曲を作るうえで使う音源やエフェクトをいろいろ拡張するためにフリーで公開されているVSTプラグインを探してきます。

まあそこらじゅうにVSTプラグインは落ちているのでいろいろ探しましょう。
http://pir.at.infoseek.co.jp/
とか。

VSTのインストール方法

基本的には、syntheditの設定で指定したVST pluginsフォルダの下に、それぞれのVSTプラグインのdllファイルを置いていくことでインストールできます(syntheditの再起動は必要です)。ただ、プラグインによっては、dll以外のファイルを同じところにおく必要があったりもするので、解凍するときにフォルダを作って解凍するようにして、フォルダごとVST pluginsフォルダの下におくのがよいと思います。
syntheditのデフォルトのフォルダの下には、VST effectsとVST Synthsというフォルダができているので、この下に分類しておくといいでしょう。ちなみに、フォルダの下にさらにフォルダを作って分けてもOKです。
VSTプラグインによっては、インストーラがついているものがありますが、その場合は、VSTの置き場を途中で聞いてくると思いますので、上記フォルダを指定します。

VSTインストロメント

いくらでもフリーのものはありますが、とりあえずいくつか紹介。

  • 4front

http://www.4front-tech.com/
Professional VST InstrumentsのDownloadから、そこそこ使えるエレピやベースのVSTiがフリーで落とせます。ただし、音色のエディットはできません。
これらはダウンロードファイルがインストーラになっていて、どこにプラグインをおくか指定させるようになってます。

  • StringTheory

http://www.cortidesign.com/ugo/
のDownloadから落とせます。パッド、ストリング、シンセベースと応用範囲が広いシンセ。これはZIP形式になっているので落としたら解凍して、フォルダの下におくだけ。

  • Synth1

http://www.geocities.jp/daichi1969/softsynth/
国産のソフトシンセ。説明はともかく、デモのRydeenを聞いてみましょう。すばらしい。
Downloadから落とせます。これは、インストーラがついていますが、これは音色ファイルをインストールするだけで、その後、DLLファイルをコピーする必要があります。

  • PlugSound Free

http://www.ultimatesoundbank.com/usb/exec/demo
PlugSoundシリーズという商用シリーズのソフトシンセのデモ版、なんですが、各シリーズから64MB分ぐらいのサンプルが切り出されていて、かつ制限なく使える、なかなかすばらしい。
ジャンルをある程度しぼればこれだけで十分曲が作れます。つうわけでつくってみた。
http://www.studio-harry.com/mp3/plugsound_test.mp3
PlugSoundFree版と、ここで紹介するVSTエフェクトのみ使用。2時間ぐらいで。こんな感じで結構使えます。

  • Sample Tank2 Free

http://www.sampletank.com/Main.html?STFreeDwn
これも、SampleTankという商用製品のフリー版。本体と、いくつかのサンプリングファイルがDLできて、これもかなり使えます。
ただし、ちょっと面倒。

    • インストールしたら、上のページの中ぐらいにある「Click here to authorize your SampleTank® 2 FREE.」というところから、レジストレーションをする必要があります。インストール後、左上の鍵マークをクリックするとSerialNumberとDigitalIdというのがあるので、それを登録画面に入力します。登録を済ますと、メールでAuthorizationCodeが送られてくるので、それをさっきの鍵マークをクリックした後の画面に入力すると使えます。
    • ダウンロードした各楽器のサンプリングファイルは、解凍して、インストールしたフォルダ(たとえば私の場合D:\Program Files\SampleTank 2 Free)の下にある「ST2FreeInstruments」フォルダに配置すると、認識されます。

VSTエフェクト

こちらも同じく、いくつかピックアップして。

  • The Classic Series

とりあえずはこちらのClassicシリーズで基本的なものはほぼそろう。すばらしい。
http://www.kjaerhusaudio.com/
Products->ClassiceSeriesのそれぞれのread more...から落とせます。それぞれ解凍したらコピーするだけ。

  • mda effects plug-ins

http://mda.smartelectronix.com/effects.htm
ここもいろいろなエフェクトがまとめておとせるのでとりあえず持っておくと便利。

  • Paris VST EQ

http://www.cs.usyd.edu.au/~mcraig/projects/paris/
パライコがなかったのでさがしてみたら見つけた。

  • BuzCompFree

http://www.x-buz.com/BuzCompFree.html
フリーのCompressor。結構使えます。

テスト

必要なVSTをインストールしたら、syntheditを立ち上げなおすと、こんな感じで、VSTplugin以下が増えていることがわかると思います。(いくつか、上に紹介していないものがありますが^^;)

 

 
あとは、設定のところでやった時に指定したPro-52 Demoの代わりに、増えたシンセを選んでみていろいろ試してみてください。また、以下のようにVSTエフェクトをシンセとAudioOutの間に入れればエフェクトがかけられます。

 

追記

今まではVSTインストロメントをひとつしか出していませんでしたが、複数個使うのも可能です。こんな感じで、複数個出して、同じようにMIDI INとSoundOutにつなげます。

ただこの場合、MIDI INはひとつなので、CHを分けないとめちゃくちゃになります。これは、各楽器の「EDIT」を押したところのCHで設定します。こんな感じで楽器ごとのCHを別のCHに割り当てます。cherryからは、それぞれのCHのトラックを鳴らせば、対応する楽器がなるようになります。あと、ドラムのトラックはCH10にしておくと無難でしょう。

 
ただ曲トップへ戻る